睡眠時無呼吸症候群(SAS)

こんな症状はありませんか?

  • 大きなイビキ
  • 起床時のだるさ
  • 日中いつも眠い
  • 夜中に何度も目が覚める
  • 居眠り運転を起こしそうになる

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは?

SAS:Sleep Apnea Syndrome

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、睡眠中に、無呼吸(10秒以上の呼吸の停止)が頻繁に (1時間に5回以上)起こり、昼間の眠気など様々な症状が引き起こされます。

引き起こされる合併症
  • 高血圧
  • 高脂血症
  • 糖尿病
  • 心臓疾患
  • 脳卒中
  • 肥満
  • 内臓脂肪
  • 夜間突然死
  • うつ
  • インポテンツ
  • 夜間頻尿

CPAPによる治療

CPAP療法とは
CPAP療法とは

睡眠中鼻マスクを装着し、気道に空気を送り込みことで気道を広げる治療法です。
※1988年にSASのCPAP治療が保険適応とし認められました。

程度分類

軽度 重度 最重度
AHI 5~15 AHI 30~45 AHI 45~

睡眠時無呼吸症候群の診断基準

閉塞性睡眠時無呼吸症候群の診断基準は. 睡眠時間1時間あたりの呼吸イベント[無呼吸、低呼吸および呼吸努力関連覚醒反応、RERAs] の回数が5以上であり、かつ次の3つの症状のうちで少なくとも1つを満たすものとされています。
(ただし,他の睡眠障害、疾患、薬物などに由来する場合は除外する。)

  • 意図しない居眠り、日中の眠気、起床時の爽快感の欠如
  • あえぎや、窒息感を伴った覚醒
  • 大きないびきや、睡眠中の呼吸中断が佳人に指摘される。

なお、これらの症状を考慮せずに、睡眠時間1時間あたりの呼吸イベントが15回以上で、 呼吸努力が認められる場合も睡眠時無呼吸症候群と診断されます。

日常生活の注意点

  • 減量に取り組む
  • 肩こり・腰痛・膝などの関節痛をお持ちの方
  • 横向きに寝る
  • 寝酒をやめる
  • 鼻詰まりを防ぐ
  • 規則正しい生活を心掛ける
SASは様々な病気に関係していると言われ、定期的な検査をお薦めします。

睡眠時無呼吸症候群検査の流れ

1.問診
受付

●昼間の眠気 ●いびきの指摘 ●高血圧 ●糖尿病 ●高脂血症 ●心不全 ●夜間頻尿 ●脳梗塞

検査自己負担額 900~2,700円

矢印
2.検査器お届け
検査器お届け

専門業者よりお届けします。

矢印
3.検査

2晩 検査
ご自宅で簡単に検査ができます。

矢印
4.検査器回収
検査器回収

専門業者が回収します。


5.検査結果
検査結果

検査結果をご説明します。

回収後、1週間で結果お届けします。
スタッフ写真
お電話でのお問い合わせはこちら 079-444-5544 受付時間 午前8:30-12:30 / 午後15:45-19:00 休診日 木曜・土曜 午後、日曜、祝日