公式ブログ

診療報酬改定勉強会(院内研修)

診療報酬は2年ごと、介護報酬は3年ごとに改定されることになっており、この4月は6年に1度の同時改定の年です。

当院でもその勉強会が行われました。

写真右は本年度入社の理学療法士新入職員紹介の様子です

IMG_1003.JPG IMG_1004.JPG

2018年4月 3日

姫路城は今が満開です

IMG_0978.JPG

2018年3月29日
消防訓練を行いました!

年に2回行われる消防訓練の様子です

IMG_0967.JPG IMG_0969.JPG 

非常ベルが鳴り、院内放送があってから避難開始!

その後、消火訓練消火器のホースを、外すのにはこつがあるようで。。

固定してあるフックの上のホースではなく、先端部を持って上に引き上げる方が手早い・・。みんなで、交替で消火器の扱いを練習しました。

みんなでワイワイ行った避難訓練でしたが、いざという時はしっかり患者様を安全に誘導できるようにしなければ!と再確認させていただきました。

2018年3月27日
高校生からエネルギーをいただきました

こんにちは!!

理学療法士の坂です。

先日、姫路市で開催されたユニバーサルスポーツイベントに講師として参加させていただきました。

IMG_3762.JPG

講義内容はストレッチ!!

聞いたことがあって、やったこともあるのに続かない...

理由は色々とあるけど、めんどくさい!!!

思った通り、この理由が一番でした。

講義は簡単な姿勢チェックで自分の身体を知ってもらうことから始めて、どうすれば自分のケアができるのかという視点から、多くのストレッチを行う実技形式で行いました。

ストレッチの際には「痛い」「硬い」「しんどい」などの声が聞こえてきましたが、笑い声などもあり熱心に取り組んでいただきました。

今回の講義を通して、自分の身体を知ることや自分の身体を労わる方法を知るキッカケになればいいなと思っています。

今後もこのような機会があれば、参加させていただきたいと思います。

2018年2月27日
白玉の歯にしみとほる秋の夜の酒はしづかに飲むべかりけり

IMG_0926.JPG 院内に掲示してあるこちらの読み方や意味をよく患者さんから聞かれるのでご紹介します!

「白玉の歯にしみとほる秋の夜の酒はしづかに飲むべかりけり」
【解説】
よく知られ、戯曲や小説にも引用されることが多い歌である。
秋の夜長、ひとり静かに酒を飲み、来し方行く末を思い人生を考える。みんなで楽しく飲む酒もよいが心を清ましてひとり飲む酒はまた格別の味わいである。
とらになって巷をさまよいわめく酒飲みは範とすべき酒のたしなみ方だろう。
【作者】若山牧水
【生没年】1885~1928
【職業】歌人
【出典】『路上』
【参考】牧水は自然に親しみ、酒を愛し、おおらかな歌を生んだ。「幾山河越えさり行かば寂しさの終てなむ国ぞ今日も旅ゆく」「白鳥は哀しからずや空の青海のあをにも染まずただよふ」などの歌が有名。酒についての歌も多い。「たぽたぽと樽に満ちたる酒は鳴るさびしき心うちつれて鳴る」「足音を忍ばせて行けば台所にわが酒の壜は立ちて待ちをる」など。たいそうな酒豪で、一日一升の酒を飲んでいたという。肝硬変を患って、四十四歳という若さで亡くなった。

スタッフ写真
お電話でのお問い合わせはこちら 079-444-5544 受付時間 午前8:30-12:30 / 午後15:45-19:00 休診日 木曜・土曜 午後、日曜、祝日